WEBデザイン、FLASH作成、SEO対策、イラスト作成、キャラデザイン、DTPデザインならM-Designにおまかせください。

トップページ > 取り扱いサービス > ホームページ制作 > コーディング

取り扱いサービス コーディング
ホームページ制作

W3CのWEB基準でコーディングいたします
見た目さえ何とかなっていたら、ソースやスタイルシートの作りはどうでもいい?
そう思っているお客様も少なからずいらっしゃいますが、実はこれが大問題なのです。
たとえば、せっかくホームページを作ったのに、なかなか検索エンジンに引っかからない、Internet explorerで見ると大丈夫だけど、firefoxで見るとデザインが崩れてしまっている、Internet explorerの古いバージョンだとデザインが崩れるけど、これにあわせて作ると、最新のバージョンで崩れがおきてしまう。
そんな経験はございませんか?
MデザインではW3Cのweb基準のコーディングでの提供を行っております。
より検索エンジン対策に効果的なコーディング、スパムサイトと認識されない、正統派ホワイトハットのコーディングで、効果的なホームページ作りをサポートさせていただきます。

W3Cとは?

W3Cとは、World Wide Web Consortiumの略で、ホームページの標準規格を決めている団体です。
W3CのWEB基準で作成することにより、正しいHTMLであるということの証明バナーをはることができ、検索エンジンに対しても効果的なソースと認められますので、SEO対策にとっても良い状態でのサイトの公開ができます。

デザインの持込によるコーディングも可能!

Mデザインではお客様や外部のデザイナー様が作成したデザインを元に、コーディングいたします!
PSD(photoshopデータ)またはPNG(fireworksデータ)など、編集可能なオリジナルデータを納品していただきましたら、1ページからでもコーディング可能です。
JPG等の画像のみでのコーディングの際には、コーディングに必要な素材の再作成からの作業となりますため、別途デザイン作成料(20,000円〜)が必要になります。
また、フォントにつきましては、当方で所有していないフォントの場合は、類似したイメージのフォントと差し替えてのコーディングとさせていただきます。
ご了承ください。
  • Mデザインのトップページ
  • Mデザインのコンセプト
  • Mデザインの制作の流れ
  • Mデザインの料金表
  • Mデザインのデザイナー紹介
  • Mデザインの取り扱いサービス
  • Mデザインの制作実績
  • Mデザインの印刷原稿承ります
  • Mデザインの自分で簡単更新!
  • Mデザインのデザインサポート
  • Mデザイン不定期更新blog
  • 外注デザイナーをお探しですか?
  • Mデザインの特定商取引法に基づく表示